個人でゼロから映画制作がスタートできるパッケージ

映画制作スタートアップ超集中講座 映画制作スタートアップ超集中講座 映画制作スタートアップ超集中講座 映画制作スタートアップ超集中講座 映画制作スタートアップ超集中講座 映画制作スタートアップ超集中講座


映画制作にすごく興味があって、自分でも作ってみたい

情報があふれてて、どこから手をつけたらいいのか分からない

まず、最初の一歩をなんとかしたい





こういう方にぴったりの、映画制作が一人でスタートできる、DVD講座です。
高校生から60代まで、幅広い年代の方にお伝えして来たセミナーを教材にしました。

【第1部】初めての映画制作セミナー(テキスト&DVD講座)

【第2部】30分の作品ができていく過程を、企画段階からのメイキングセミナー(ムービー講座)

という2つの側面からしっかりとお伝えします。


映画を作る最初の、

現実的で具体的なステップ

をお伝えします。




初めての人に向けて、これだけの内容を詰め込んでいます。
この順番で進めるのをオススメします。

STEP 1:まずはざっと学ぼう!

【DVD動画】初めての映画制作セミナー(1時間12分)

<内容>

・映画が作れない謎を探る
  1. プロと個人の映画制作の違い
  2. 映画本には理想論しか書かれていない

・現実的に映画を作っているステップ by ステップ
  1. スタッフ5人・撮影5日間・作品30分・制作費10万円のフォーマット
  2. 作品の概要をまとめる
  3. ストーリーを分析する
  4. ロケ地を分析し、まとめる
  5. 絵コンテを描いて撮影カット数を見積もる
  6. かかる費用を見積もる
  7. 機材リストと機材の選び方
  8. 映画を作るのに必要な組織
  9. スタッフ・役者の探し方
  10. 撮影スケジュールの立て方
  11. 編集ソフトの選び方
  12. 音楽について注意すること
  13. これからすぐできること
  14. 映画作りを邪魔する3人
  15. 映画を作るのに最も大事なこと
ちょっとだけですが、オリジナリティーあふれる内容をお聞きください。




まず、1回通して聞いていただくと、

映画を個人で作る、ということがどういうことなのか、分かります。
最初の一歩を踏み出すのに、まずは何をしなければいけないのかが、分かります。

全くゼロの人でも、
企画から準備、撮影、映画祭への応募まで、一気に全体像がつかめます




STEP 2:リアルな実例を知ろう!

【動画】30分の作品ができていく過程を、企画段階からのメイキングセミナー(1時間25分)

1)メイキングセミナー

2つの映画祭で上映された作品の、制作行程と現実を、ゼロから解説します。
  1. スタッフ5人・撮影5日間・作品30分・制作費10万円
  2. 人・モノ・スケジュールのバランスを撮る
  3. 【テーマ】何を作るか
  4. シナリオを書く
  5. 仮スケジュールをたてる
  6. 必要な機材をそろえる
  7. 予算を見積もる
  8. ひとを集める(スタッフ)
  9. ひとを集める(役者)
  10. ロケハンをする
  11. スケジュールを練る
  12. 顔合わせをする
  13. 撮影
  14. いくらかかったか
  15. 編集をする
  16. まとめ

個人で映画を作る行程が、具体的にイメージできるようになります。
つまり、

映画制作の理論現実を両面からお見せします!

映画制作のステップとフォーマットをお伝えし、実際にそれを使ったメイキングもお伝えします!


2)実際に制作に使用したデータも大公開!

実際の企画書 実際のシナリオ


 

実際の香盤表 実際の絵コンテ


 

実際の制作スケジュール そしてもちろん、完成作品
 



STEP 3:さあ、実践しよう!

「初めての映画制作ノート」を中心に、各種フォーマットをお配りします。
※これらは、講師が20年に渡り改良を加えてきたものです。
  • 企画書フォーマット(作品の概要シート)
  • シナリオフォーマット
  • 絵コンテフォーマット
  • 簡単な絵コンテの描き方講座
  • 香盤表フォーマット
  • 予算見積もりシミュレーター
これらの資料が、ダウンロードできます。

簡単絵コンテ講座の一部をご覧ください。



今、企画がある人は

次にどんなステップを踏めばいいのかが分かります。



作ろうとして詰まっている人は、

何に詰まっているのかが分かります。

つまり、対処法が見えてきます。




そして、

実際に制作に進めます。






たとえば、こんなことを考えていませんか?

  • シナリオだけにこだわればいい。
  • シナリオは、長い方がしっかり伝わる。
  • いいカメラを買えば、いい映画が作れる。
  • 機材は、最新のものを買うべきだ。
  • 手伝ってくれる、という人を集めたからもう大丈夫だ。
  • スタッフ・役者は、ネットで簡単に集まる。
  • やる気があるので、自分が全部分かっていればいい。
  • いい構図やカメラの機能を全部覚えてからスタートすべきだ。
  • すべての撮影に、徹底的にこだわるべきだ。
  • やる気さえあれば、何でもできる。

これらはすべて、「初めて映画を作る人」が

映画制作がうまくいかない理由

なんです。


簡単に、僕と、そして「映画工房カルフのように」の活動をご紹介します。

僕は、1994年に映画制作を始めました。

たった一人で、1台のカメラがあるだけでした。

広島県の田舎から上京したばかりで、誰一人友達も知り合いもいません。

インターネットもなく、人と知り合うには、紹介しかない。

本屋さんに行っても、映画制作の本はほとんどないという状況。

専門学校だけは、当時もいくつかありました。


でも・・・

高い授業料を払って何ヶ月(何年)も通うだけの決意は、僕にはありませんでした。


僕自身が、皆さんと同じ

どうしていいのか分からない初心者

だったのです。


そこからさんざん苦労を重ねてきた経験を元に、

2001年に映画の「失敗談」ホームページを作りました。

同時に、多くの人から、相談を受けるようになりました。


そこで気づいた事があります。

それは、

僕がずっと悩んできたことと、ほとんどの人が悩んでいることが、

ピタリと一致する、ということでした。


そこで、頼まれるがままに、アドバイスを続けてきました。

初めて映画を作る人の悩みが、すごくよく分かるからです。


小・中・高校生から社会人まで、これまで映画作りアドバイスした人数は750人以上になります。

ただ、この数字はあまり意味がありません。

日々増え続けているためです。

独自の「初めて映画制作術」は、20以上の高校・大学の授業や研究室などで採用されています。






この講座では、

・検索すればすぐ見つかる情報

・本屋さんに行けばすぐ見つかる情報

には、ほとんど触れません。


そういった情報は、是非検索してください。
是非、本を読んでください。

すぐれた本は数多くあります。

僕の映画制作講座は、「知識ベース」「情報ベース」ではありません。

ひとベース」でお伝えしているのです。



知識・情報がないから映画が作れないのではありません。

「ひと」で詰まるから、先に進めないのです。



だったら、

「ひと」を中心とした映画の作り方を伝えるべきだ

と考えています。




そんな想いで、セミナーを開始しました。

しばらく毎月のようにセミナーを開催してきました。

半年以上に渡り、毎回、アンケートや質問、要望を受けるたびに、

まだ必要ないなと思われる箇所を削り、

うまく伝わらない部分を書き換え、

分かりやすくした方がいいところを修正し、

必要だと思い付いたものを追加してきました。



そうやって、この教材キットができあがっています。

だからこの講座の内容は、僕の独りよがりの思い込みの内容ではありません。

受講された方の、生の声を取り入れた、リアルなものになっています。






first_step_menu2_005

× プロとして世界に通用する映画の作り方を求めている人。

× 歴史に残るような名作の作り方を知りたがっている人。

× 誰もが知っているような有名人による講義を求めている人。


残念ながら、こういった要望に応える内容ではありません。

また、すでに何本か作っている人にも向かないでしょう。

すでに作っている人は、それまでの人脈やスタッフを大切にして、

そのまま作り続けていってください。




この講座では、映画を作る最初のステップをお伝えします

『映画の作り方』というのは、当然のことながら、一つではありません。

皆さんがどんな段階かによって、必要なアドバイスは違ってくるんです。

ただ、
ゼロから学ぶ、というのは、ある程度の「効率的な指導」が必要です。




たとえば、ギターを始めたいとします。

ギター教室に通い始める人もいるでしょう。

知り合いにギターが上手な人がいれば、その人に習うこともできるでしょう。

でも、近くに教室が無かったり、知り合いもいなかったり、いきなり月謝を払うのも・・

という方は、どうするでしょうか。


まず、初心者向けのギターを買ってきて、家で一人で練習するところから始めませんか?

そして、ちょっと詳しい、先輩からアドバイスもらいませんか?





サッカーを始めようとしている人に、ワールドカップ優勝チームのアドバイスは、

憧れ・励みにはなりますが、必ずしも実践的ではないでしょう

それらの情報が高度すぎて手が出せない!

なんて判断してしまうこともあったりします。

もったいない!


効率的に学ぶには、無駄なく必要な情報を得るには、ステップが必要なんです。


このDVDセミナーは、

初めて一歩を踏み出す人」に完全に焦点を合わせています。




そして、

何度でも見直す事ができます。



まずは、全体像を知るために第1部のセミナーを見て、

次に、実際に準備をしている時に、第2部のセミナーを見る。

そんな見方がいいかもしれません。


見ておしまい、ではありません!

質問無制限!

気になったところ、さらなるご質問、

何度でも、どしどし受け付けます!



今は、映画作りの質問が、
「カメラはどれがいいですか?」
「スタッフは何人集めればいいですか?」

という漠然としたものであると思います。


でも、この講座を一度でも聞いた後は、
質問内容が、びっくりするくらい具体的になります。

具体的な質問は、具体的に答えられます。

つまり、映画作りが具体的に進みだすんですね


受講者の声(アンケートから一部抜粋)


[感想]
右も左も分からない状態なので、いろいろな話が聞けて良かったです。

[役に立ったこと]
撮影の苦労を知って、シナリオを考えることができるようになりました。


[感想]
理想と現実にギャップがあるんだと思いました。

[役に立ったこと]
人をまとめていくのが大変そうだと思いました。 かっこいい構図や最新の機材より、基礎が大事なんだと思いました。


[感想]
身になることばかりでした。 とりあえずまず作ることの大切さが分かりました。

[役に立ったこと]
すべてのシーンに全力を出す必要はないということ。


[感想]
現実がおもしろかったです。多分どんな世界でもあることかもしれませんが。

[役に立ったこと]
一度現実を見たので、全てではないにしろいちいち納得しました。 経験して本を読み直すと内容がよく分かって頭に入るというような感じでした。


[感想]
自分でも作れる!とわかり、わくわくしてきました。とても楽しい90分間でした。

[役に立ったこと]
土台の考え方や、カメラ、三脚、マイクの目的。


[感想]
とても参考になりました。特に必要な機材の部分で悩みがありましたが晴れました。


[感想]
何でもアリなのかなあとぼんやり困っていたので、正攻法(現実的)を教えてもらいとても役に立ちました。


[感想]
全体像が見えたような気がします。


[感想]
よかったです。理想にこだわりすぎるといけないんだと思いました。

[役に立ったこと]
予算的なことです。


[感想]
はじめのとても基本的なところから、現実的に厳しいところまで 一連の流れをざっと教えていただけて良かったです。

[役に立ったこと]
必要な機材は良かったです。最低限揃えればいいものは頭に入れておきます。 あとテーマを決めて機材・人などというように落とし込んでいく手順も知れて良かったです。

いつでも何回でもご質問いただけます!




■講師プロフィール

初めて映画プロデューサー。

広島県の瀬戸内沿いの田舎町で育つ。18歳で上京。
20歳でおじいちゃんよりビデオカメラをもらい、知識ゼロ・仲間ゼロ・カメラ1台から映画制作を始め、2001年に「映画工房カルフのように」を立ち上げる。

その経験を活かし、小・中・高校生から社会人まで、これまで映画作りアドバイスした人数は800人以上(常に増加中!)。
2008年「初心者のためのゼロから始める映画制作講座」セミナー講師も務めてから、毎年数多くの講座をこなす。

映画の作り方情報を初心者向けに分かりやすく体系化したサイトは500ページを超え、特に「絵コンテの描き方」が有名。
大手映像専門学校での参考サイトでもあり、GATSBY学生CM大賞2008の「映像制作に役立つリンク」に選ばれた。
メディア掲載歴も豊富で、2009年にBSフジのワッチミー!TV×TVにて取りあげられたほか、開催セミナーやワークショップが日本各地の新聞、Yahooニュースなどでも記事になっている。

独自の「初めて映画制作術」は、20以上の大学・高校の授業や研究室などで採用され、銀行が主宰するワークショップやNHKでも講座を開く。
有名私立中学・高校へのアドバイス経験も多く、作成した「映画の作り方」教材が、学習院大学図書館蔵書にもなっている。

監督作20作、プロデュース10作、その他助監督としてフィルム映画にも関わる。
第23回東京ビデオフェスティバル入賞、第15回読売国際漫画大賞入選。
小坂本町一丁目映画祭Vol.8 オープニングムービー。
企業CMを数十本請け負い、インタビュー映像も30本以上制作。
メールマガジンは240号を超える。(2014.2現在)
Youtubeでも動画チャンネル、ポッドキャスト、ニュースレターなど、幅広く情報発信を続けている。


好きな映画NO.1は『ロッキー』。
2007年3月『ロッキー・ザ・ファイナル』宣伝で来日したシルベスター・スタローンに会ったのが自慢。





この講座を見たあとは・・・



映画制作を始めるときに必要な、全体像がつかめます!

まず、何をしたらいいのか、という第一歩が具体的に分かります!

自分に何が足らないのかが、明確になります!

なにより、

映画作りの第一歩が踏み出せます!!



■商品情報
  商品名 映画制作スタート集中講座
  パッケージ内容
  • 映画の作り方DVDセミナー(1時間12分)
  • 映画ができるまでセミナー(1時間25分)
  • フォーマット・各種テキスト(6枚)
  • 映画が作れるようになるまでの物語(50分)
  • 映画が作れるようになる小冊子(50枚)
  • 簡単絵コンテ動画講座
  パッケージ価格 24,800(税込)
  お支払い方法 銀行振込(前払い)


お買い物ヘルプ(お支払い方法/発送/特定商取引情報等)
※お問い合わせはinfo@karufu.netまでお気軽にご連絡ください。



下記フォームにおすすみください。

それでは、みなさんの映画制作のスタートです!



※すべてのお問い合わせは、 info@karufu.net まで。


映画工房カルフのように


(C) All Rights Reserved, 映画工房カルフのように since 2001